キレイで快適な世界の空港、アジア地域の空港3選。

巨大空港は施設も快適でスムーズな移動ができます。

近年世界経済を牽引するアジア地域にはハブ空港と呼ばれる巨大空港がいくつかあります。しかしただ大きいだけは無く、施設環境も整備されてキレイで快適な空港がアジアには多くあります。 シンガポールの「チャンギ国際空港」はイギリス国際運輸調査機関が発表した調査結果で2016年に世界1位に輝いた空港です。この空港の凄い所は先ず、空港内のターミナル移動の為にスカイトレインと言う無人電車が走っている事です。徒歩でも移動はできますが、トランジットで移動する際に荷物を持っての移動する際や、敷地面積も広大なのでこの無料電車がターミナル間を結んでいます。この空港の高評価の要因は施設の他に市内へのアクセスが良好な事が挙げられます。スピディーなパスポートチェックと併せてこの空港のセールスポイントです。

他にもあるアジアの巨大空港。

香港国際空港もターミナル間移動に地下に電車が無料で走っていてそれを使ってトランジットの際に移動できます。動く歩道も空港内に整備され、天井も高く巨大な空港と言う実感が湧く空港です。イギリスの国際運輸調査機関の発表でも2016年に世界第5位にランクされています。また全面ガラス張りのエリアが広く航空機ファンの方にも評価が高い空港です。最後に仁川国際空港も高評価がされています。同じイギリスの国際運輸調査機関の発表で2016年に世界第2位の高評価を得ています。こちらもターミナル間を結ぶ電車が地下を走っていて移動に利用できます。日本からのアクセスが良好で日本人利用者も増加しています。アジアには世界から高評価を得ている空港が数多くあります。旅行の際には空港にも着目して楽しい旅にして下さい。