ホテル?旅館?観光ホテルを選ぶメリットとは

観光ホテルがあなどれない

普段、国内旅行の際にみなさんが泊まるのはホテルが多いと思います。また、温泉街の老舗旅館なども風情があっていいですね。でも、今回おすすめしたいのが「観光ホテル」です。厳密に観光ホテルという区分けはありませんが、温泉が有名な観光地などに作られた観光客向けのホテルのことで、その多くがバブル期以前より営業しています。その魅力はシティホテルやビジネスホテルにはない「リラックスできる雰囲気」でしょう。部屋も広いところが多く、料金もお手ごろです。建物的には老朽化しているところも多くありますが、その点をカバーしようと今では多くの観光ホテルで接客を向上させたり、サービス面で力を入れています。予約サイトでもかなりの観光ホテルが登録されていて、中にはそのホテルの宿泊が目的なんていうリピーターもいます。

観光ホテルは料理もあなどれない

観光ホテルの魅力は肩肘を張らずにゆっくり過ごせるところですが、その魅力は料理にもあります。例えば、畳敷きの和室で食べる部屋食や、きれいな景色が見える大広間で浴衣のまま食べる朝食など「ああ、こんなにラフでいいんだ」と妙に嬉しくなります。さらに最近では地元の食材をふんだんに使った料理が多く、一回の食事で出される品数も一人前とは思えないほど豪華な観光ホテルも少なくありません。設備やデザインじゃなく、サービスやもてなしで頑張ろうというホテル側の意気込みが伝わってきます。こうしたホテルは全国各地にあるので、いつもはラグジュアリーなホテルを選ぶ人も一度体験してみてください。きっと、新しい発見がありますよ。